MENU

銀行カードローンと消費者金融の違い

消費者が比較的簡単な手続きでお金を借りる手段としては、長い間消費者金融のキャッシングが主流となっていました。

 

そのため、キャッシングは大勢の利用者がいましたが、近年ではキャッシングとよく似たサービスとして銀行がカードローンと呼ばれるサービスに力を注いでいることから、カードローンの利用者も増加しています。

 

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは、どちらのサービスも消費者に対して小口の融資を行っているという点では共通しているので違いはありません。

 

また、消費者金融のキャッシングと銀行カードローンでは、借入に際しては保証人や担保が要らないという点も同じです。

 

そのため、消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは、そのサービス内容自体には大きな違いはありませんが、一点だけ異なっているところがあります。

 

それは消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっているのに対して、銀行カードローンは総量規制の対象外となっているという点です。

 

つまり、消費者金融のキャッシングでは消費者が借入できる金額の上限は年収の3分の1までとなっており、銀行カードローンでは年収による借入の上限というものは決まっていないという違いがあるのです。
年収が少ない人やすでに借り入れがあるという人の場合には消費者金融のキャッシングでは自分の希望するだけの金額が借入できないといったケースがあります。

 

それに対して銀行カードローンでは総量規制対象外となっているので、年収の少ない人やすでに借入があるという人であっても、年収による借入制限を受けることはないので審査の結果次第ですが、自分の希望するだけの金額を借入れることが可能になっています。

このページの先頭へ