MENU

消費者金融とクレジットカードの違いを教えて下さい

お金がないときには、どこかから融資を受けることで乗り切ることも方策です。

 

しかし、借りる相手が消費者金融かクレジットカード会社かというときには、双方の違いをよく知ってからでなければ賢い利用はできません。

 

消費者金融とクレジットカードの違いを挙げるとすれば、一番大きな違いは審査です。
消費者金融の場合には、融資を行い金利を得るために返済能力があるかを問います。

 

そのために申し込みをした契約者の仕事や年収などを比較的甘めとはいえ審査します。

 

一方でクレジットカード会社は、カードで買物をすることが主な目的でキャッシングはそれに付帯したサービスです。
クレジットカードを作るときには、消費者金融よりもやや厳しめの審査を行いますが、審査が通ってキャッシング枠もつけることができれば、その限度額以内であれば審査無しでキャッシングをする事ができます。

 

ただし、実際に融資するとなれば、お金が振り込まれるスピードでは消費者金融のほうが早く、クレジットカードだとクレジットカードが手元に届くまでに数週間、数カ月後ということもあります。
これでは急な資金調達に対応できません。

 

その他のサービス内容については、金利はほぼ同じですし、どちらもコンビニや街頭にあるATM、インターネット等を使って利用する事ができます。

 

借りることが出来る上限ですが、これも総量規制で収入の三分の一までという制限内で融資をするよう法律で決まっていますから、大きな違いはありません。

 

返済方法に関してはクレジットカードのキャッシングは翌月一括払いなど、借りてすぐ返すという短期の利用を前提としているのに対して、消費者金融は長期の利用に対応できる返済方法を用意しています。
ですから、どの程度の期間で返済できるかで、ふたつを使い分けるという事もできるのです。

このページの先頭へ