MENU

大学生でも消費者金融で借りることってできますか?

大学生の時期は何かと度重なる出費に頭を悩ませてしまうもの。
自宅の家賃を自ら捻出している人もいるでしょうし、サークルや合宿の費用や、自動車教習をはじめとする各種スクーリングや資格取得のための費用、さらにはこの時期にしか実施することのできない海外留学や世界旅行といったものへの資金作りなどでも多額のお金が必要となります。

 

もしもこれらの準備中にお金が不足するようであれば消費者金融を活用するとよいでしょう。

 

消費者金融にも様々な種類のものがあり、もちろん中には大学生への融資は行わないというポリシーの業者も存在します。

 

しかし逆に言えば大学生でも手軽に借り入れできるものも数多く存在するので、事前にきちんと借り入れ条件などを比較検討した上で消費者金融を見定めて、申し込みを行うとよいでしょう。

 

ただし、借り入れの際には注意も必要です。
消費者金融での借り入れでは総量規制の原則を遵守しなければならず、利用者は自分の年収の3分の1を超える融資は受けられないことになっています。

 

つまり、大学生とはいっても何らバイトなどで収入を得ていない人であれば限度額もゼロとなり、実質的な借り入れが不可能となってしまうのです。
そのため借り入れ申請の際には自らの収入額を示す年収証明書や源泉徴収票などを持参することも欠かせないでしょう。

 

また、消費者金融での借り入れの際には申請者の経済力や返済能力、信用度などによって借り入れ条件が左右されることになります。
大学生となると収入も少なく、不安定であることから融資額もそれほど高い金額は得られないかもしれません。

 

しかし、継続的に借り入れと完済を繰り返していると、それだけの信用度が蓄積され、いつしか消費者金融側から増額の案内などが届く可能性もあります。
他にも学生ローンなどを使うと学生のための特別金利などで比較的借りやすい場合もありますのでチェックしてみるとよいでしょう。

このページの先頭へ