MENU

住宅ローンの審査を受けようと思ってるのですが影響ありますか?

銀行で住宅ローンを組むときに銀行では住宅ローンを組む人の審査を全国銀行業協会に照会して審査を行うことになります。

 

この信用情報機関は、消費者金融で借り入れた情報も持っていますから、申し込んだ人が消費者金融で借入を行っていることはすぐに分かってしまいます。

 

それが住宅ローンの審査にどういった影響を及ぼすのかですが、これは一概にいいとかダメだとか言われません。

 

審査の基準は各銀行で決まっており、消費者金融での借り入れをよしとするのかダメだとするのか銀行によって違うからです。

 

住宅ローンを販売したい銀行であれば少々の借り入れは許してくれるかもしれません。
そうでないところは絶対に駄目かもしれません。

 

各銀行でそれぞれということです。
審査が甘い銀行であれば消費者金融での借り入れも認めてくれるかもしれませんが大切なのは延滞などの事故を起こさないことです。
これだけは気を付けてください。

 

また消費者金融の返済を終わってしまった人もいるかもしれません。
一般の消費者金融が使用している情報調査機関は返済が終わってから5年間は、その情報を保存していますがそれからのちは削除してしまいます。

 

ですから完済をしてから5年後に住宅ローンの申し込みを行えば消費者金融で借りたことはわからなくなってしまいます。
完済後5年たってから住宅ローンを組めばほとんど心配なくローンを組むことができます。

 

このように各銀行で審査の仕方も違いますからあらかじめ複数の銀行に相談してほかの借り入れがあった場合の審査基準等を聞いて光野もいいかもしれません。
一つ言えるのは消費者金融で借り入れた時には事故が起こらないように延滞などに十分注意をすることです。

このページの先頭へ