MENU

消費者金融は年収の3分の1以上は借りれないようです

消費者金融は審査のスピードが速く、午前中に融資を申し込んでおくと最短で即日融資が受けられるので、幅広い年代の人が利用しています。

 

消費者金融で融資を受けるためには、一定の審査基準を満たしている必要がありますし、50万円以上の融資を受ける時はほとんどの貸し金業者で収入証明書の提出が必要になります。
借金の総額が年収の3分の1を超えている場合は、総量規制という法律があるため、新たに融資を受けることは出来ません。

 

安定して継続した収入がある人は、ほとんどの人がクレジットカードを所有しており、ショッピングをする時に利用しています。

 

クレジットカードのショッピング枠は、総量規制の対象外になっていますが、キャッシングは対象になっているので注意をして下さい。

 

消費者金融は安定して継続した収入のある20歳から65歳前後までは、融資が受けられますが、審査を受けるときは借金の総額がいくらぐらいあるか、きちんと確認をしておく必要があります。

 

消費者金融では、年収の3分の1を超える融資は受けられませんが、銀行は総量規制の対象外になっているので、一度審査を受けてみると良いでしょう。

 

消費者金融のカードローンやキャッシングは、利用限度額の範囲であれば何度も利用できますが、借金の金額が大きくなってくると金利が膨れ上がって、返済が困難になってしまいます。

 

返済が不能になってしまうと、消費者金融などの債権者に大きな迷惑を与えてしまうので、法律で年収の3分の1までしか、借りられなくなっているため、注意をするようにしましょう。
日常生活をしていると、急にお金が必要になることが多いですが、無計画にお金を借りて返済ができなくなるのは避けるようにしたいものです。"

このページの先頭へ