MENU

やはり就職にも影響があるのでしょうか?

就職活動に借入れについて問われることはあまり聞きなれません問題はないでしょう。

 

しかし、就業先が変われば借入先に連絡する義務があります。

 

消費者金融は顧客の仕事先や収入について情報として記録しておかなければならない為、就業先に必ず本人の確認が必要となり電話が繋ってきます。

 

仮に5社からの借入れがあった場合、いきなり入社したばかりの社員に私用目的で次々に連絡が入ってきたら大変ですよね。
ですが消費者金融会社に正直に報告するのは常識ですし、借入れ先に連絡の有無を制限されるいわれもないのです。

 

ですが、遅滞することもなく毎月約束を守っていて、しばらく遅れる可能性がない場合は少し間をおいてからでも遅くはありません。

 

相手様は遅滞さえしなければ自宅や仕事先に電話を入れ債権者に対し催促する必要性がないからです。
とはいえ、就職したその月にまるまる一ヶ月分の給料を支給する会社もそうそうないかと思います。

 

その時は当月だけ定額支払いから、返済額を少し下げてもらうよう交渉すべきでしょう。

 

恐らく利息と返済額を最低限にしてくれるハズです。
まともな消費者金融会社なら返済する気持ちがあるなら相談にも乗ってくれますし、そうする事で支払額を抑えた状態でも遅滞扱いされる事なく済ませられるでしょう。

 

特に注意すべきは遅滞していた場合。
ずばり、タイトル通りといえるでしょう。

 

返済期限を過ぎ連絡がない時は容赦なく会議中であろうと作業中であれ関係なく会社に電話があります。

 

例え連絡先を携帯優先に、としておいたとしても出てくれなければ仕方ありません。

 

大体は午前中に、こちらから連絡をするか、されるかにあります。

 

遅滞しそうな時は前もって知らせておき明確な時間設定をしておき必ず遅れずに、電話もしくは店頭まで行くことをおすすめします。
そうする事で就職に影響を及ぼすことを最低限のリスクで済ませられるでしょう。

このページの先頭へ